| HOME | 会社概要 | メール会員募集中 | お問い合わせ・ご意見 |

料理夫に要注意!?

料理をしない夫ほど実は家庭想い!


血液型別“夫ランキング”
キャンベルスープdeスマイルキャンペーン調査結果のお知らせ

2013年10月

キャンベルジャパン株式会社

 キャンベルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:沼野聡二)は、
キャンベルスープのリニューアル、およびクリームパンプキンの発売を記念して、
総計600名様以上に豪華賞品が当たる『スープdeスマイルキャンペーン』
(http://www.campbellsoup.co.jp/smile/)を開始いたしました。
スープdeスマイルキャンペーン事務局では、「年代・血液型」と「家庭での食事」についての関係に着目し、2013年9月全国の20~60代の既婚男性840名に調査を行いました。

夫の特徴4項目を血液型別にランキング
料理をする夫ほど家庭での食事を大事にしない傾向が!?

「家庭での家族との食事の頻度」「家庭での家族との食事をどのくらい楽しみにしているか」などの質問5項目を点数化したものを『いい夫』指数とした上で、下記4つの特徴を血液型別にランキング化いたしました。
  • 料理夫:自分で料理をする頻度が高い夫
  • 家飯夫:家庭で家族と一緒にごはんを食べる頻度が高い夫
  • ボーノ夫:出された食事が美味しい時、きちんと言葉で表現する夫
  • 無関心夫:家族との食事を楽しみにしていないor大切にしていない夫

血液型別にそれらの特性を比較したものが表1になります。


◆「料理はするけど不安あり!?」はAB型夫。

AB型は「ご家庭での食事の際、料理は自分で作りますか?」との質問に対し「たまに作る」以上が半数を占め、料理に積極的な姿勢が見られる一方、 家庭で家族との食事を「ほぼ毎日」食べると回答したのが67.1%と最も低くなりました。また、その食事の時間を「とても大切にしている」と回答したのも26.8%(表3)と、全血液型中で最も低い数字となりました。

◆料理はしないが、家庭想いなO型夫。

「ご家庭での食事の際、料理は自分で作りますか?」との質問に「自分では料理はしない」と回答したのが最も高い58.0%(表2)だったのはO型。一見亭主関白気質なO型ですが、ほぼ毎日家庭で食事をとる上、その時間を大切にし、美味しいときにはきちんと言葉で伝える、と家庭での食事を大切にする傾向があるようです。

◆料理をする頻度が高い夫ほど、家庭での食事を大切にしない傾向が??

「家庭で料理をする」ランキングがAB→B→A→O型というランキングになったのに対し、「家庭での家族との食事を大切にしている」と回答したのは真逆のO→A→B→AB型という順位になりました。

料理をしてくれる夫は魅力的ですが、いい所もあれば悪いところもあるようです。





“いい夫”の傾向は年代別にもあり!
年代が上がるほど家庭の食事に無関心になりがち。


血液型だけではなく、年代別にも特徴が表れています。
20代の83.3%が料理をすると回答したのに対し、年をとるごとにそのスコアは減少し、50代B型男性では32.3%(表4)と最も低くなりました。
また、家庭での食事の時間に無関心な夫は50代AB型が最も多くなりました(表5)。




また、若い年代ほど、夫は妻に対し、「美味しい」を言葉できちんと伝えているようです(表6)。最も多い20代の77.8%から、年代が上がるごとに、その割合は減少しています。結婚生活が長くなると、言葉ではなく、表情や態度で感謝・愛情を伝えているのかもしれません。



なお、今回の調査結果は、あくまで傾向を見たものですので、各年代や血液型の絶対的な特徴を保証するものではありません。

<調査概要>


【調査方法】

インターネット調査

【調査期間】

2013年月9月10日~9月11日

【調査対象】

日本在住の20~60代の男女2000名

お問い合わせ キャンベルジャパン スープdeスマイルキャンペーン事務局
http://www.campbellsoup.co.jp/smile/
Email:info@campbellsoupcp.com
以上