| 会社概要 | キャンベルの歴史 | ニュースリリース |
キャンベルの歴史
1869年に、青果商ジョセフ・キャンベルは、アイスボックス メーカーのエイブラハム・アンダーソンとの共同出資により、トマト・野菜・ジャム・薬味等のビンおよび缶詰の商品を扱う会社を設立し、ニュージャージー州カムデンに第一工場を建設しました。これが、アメリカの“キャンベルスープカンパニー”の起源です。 ジョセフ・キャンベル
キャンベルスープ ラベル 1897年に、J・T・ドーランス博士が、濃縮缶スープを考案。1898年には、赤と白のラベルのキャンベルスープを発売。現在のキャンベル濃縮スープの誕生です。1900年に開かれたパリ万博で濃縮スープはメダルを受賞し、それを記念して、現在でも一部の製品のラベル中央に“メダリオン”と呼ばれている金のエンブレムをつけています。


現在、“キャンベルスープカンパニー”は、全世界120カ国で、200種類以上のスープを販売しています。スープの他にもPrego(パスタソース)、Pace(サルサソース)、SWANSON(ブロス)、 V8(野菜ジュース)、Pepperidge Farm(クッキー)など数多くの親しまれているブランドがあります。

Prego(パスタソース)、Pace(サルサソース)、SWANSON(ブロス)、V8(野菜ジュース)、Pepperidge Farm(クッキー)

キャンベル濃縮缶スープは1950年代半ばに日本に輸入され、現在では、日本の消費者の嗜好にあわせて開発された日本語ラベル7種類を中心にキャンベルジャパン(株)が輸入し、清水食品(株)が販売しています。 V8野菜ジュースは1962年に輸入され、多くの野菜ジュースの原形ともいわれています。 菓子類のArnott’sのチョコレートビスケットTimTamや、Pepperidge Farmのクッキー等は、キャンベルジャパン(株)が輸入し、三菱食品(株)が販売しています。またキャンベルジャパン(株)はマーケティング活動をサポートしています。